トップ > BLOG > CO2モニター(二酸化炭素濃度計測器)
BLOG
CO2モニター(二酸化炭素濃度計測器)
2021.1.13

en cuoreでは昨年末ごろから感染予防策の1つとしてCO2モニター(二酸化炭素濃度計測器)を使用しています。

現在の二酸化炭素濃度と換気の状態が数値化される計測機です。


建築基準法やビル衛生管理法では環境基準値を1000ppm学校環境衛生基準では教育施設は1500ppm以下としているそうです。

室内のCO2濃度が高いとウイルス繁殖率が高まるだけでなく、集中力や作業効率の低下、眠気や息苦しさを引き起こすこともあるようです。

その為、室内のCO2濃度は1000ppm以下が望ましいと言われています。

 
                         (引用:NKE株式会社様ホームページより)


朝、店内に入ると400〜500ppm内のCO2濃度も、人の出入りや店内に2人という人数で簡単に1000ppmを超え、2000ppm近くまでいく事があります。

さすがに慌てて換気(ドア開け、換気口、空気清浄機パワフル)をしますが、特に倦怠感を感じることはありません。

ですが、室内の換気をするための1つの目安としてCO2モニターをまめにチェックする様になり、数値を簡単に知る事ができるのでとても便利です!

ウイルス対策のこまめな換気ってきちんと出来てるか不安だな…という場合や、ついつい忘れちゃうという場合にもおすすめです!


横浜・反町の美容室en cuoreはお客様は1人のみのプライベートサロン。
消毒や換気などのウイルス対策を徹底しております。
安心してご来店くださいませ!